好・典・然 ふっかもふ。

kou10nen.exblog.jp

ふっかもふな日常。

ブログトップ

プリンター絶不調

年度末というものは、小説の大きな公募がたくさん締切が重なるのですが、私はもう今年はいいかな、と見送りです。
ただ、今書いているストックが結構気にいっていて、本格的に推敲をしたくなってきたのでプリンターを使ってみたら、もうこれがおかしい。
習い事の関係で毎月一度は使用してたんですけれども、ここ数か月調子が悪く、とくにコードの接触がよくなくて、何度も何度も本当に何度もデータが切断されて、ミスプリントの山ができていました。
今日もたった16枚の印刷なのに都合30枚くらい印刷しています。インク代もったいない(怒)

これから寝るまでの少しの時間、赤ペンで格闘です。一日じゃ終わらないので、何日か分けて。

そして文字を入れなおしてプロットノートをまとめたら、また続きを書く。
そんな感じにやっていこうか、と。

素人ですものね。中央の大きな賞は、当分、いいかって思います。ポッと出してしまうかもしれないですが(半年くらい前は、国家資格でも取得して別のお仕事を目指そうと思っていたんですけど、仕事が変わったせいもあって結局諦めちゃいました)、まだ何も考えていません。
ただ、周囲の風を見るに(今のところ向かい風ですが)まったくの無風でもないので、また地味に地方文学賞あたりからやっていくのかしら、とも思います。地方文学賞ってデビューとまったく結びつかないものが大半っていうのが悲しいところですけれどもね。人気ある賞って向かい風どころか嵐が吹き荒れる模様ですし(^^;

小説って子供のころから書いてきたけれども、あんまり入れ込むとなんとなく一人になっていくような気もするし、でも放っておくと「そろそろ書けば?」みたいな空気が漂ってくるし。
ただこの年になって思うけれども、こういった創作に理解のない人って、どう接していいか本当に困ってしまいます。ほら、知らないからって結構残酷なこと言ったりできちゃうじゃないですか。「あんたずるいよ」って言われているみたいで。
何がずるいのかよくわからないんですけれども、きっとその「わからない」と思うことがすでに、何かずるいものを秘めていると思われてしまうのかな。

何か盗られちゃいそうな気がして、すごく嫌な予感がする。プリンターの調子が悪いせいなんだろうか。
[PR]
by kou_ten_nen | 2015-03-24 23:25 | 創作