好・典・然 ふっかもふ。

kou10nen.exblog.jp

ふっかもふな日常。

ブログトップ

カテゴリ:外食えすけぇぷ( 3 )

夜のお茶

f0251624_23022878.jpg
どうも体調が思わしくなく、やる気もないときにはぶらぶらと街中を散歩して帰るのが一番、というわけで、本日はちょっと中村橋まで足をのばしてきました。

時々行くインドカレーの店、サグーン。今日はモモと、アイスチャイで軽いお食事。
モモってネパール料理なんですね、このお店はタイ料理も出してくれる南・東南アジア系のご飯屋さん。ネパールというか、ヒマラヤ一帯の遊牧民料理…といったほうが近いかもなあ。チベット料理にもモモは出てきますので。
要はネパール風の蒸餃子なのですね。スパイスがちょっぴり利いた、満足感のある軽食でした。
f0251624_23075961.jpg
で、帰りにお菓子屋さんのプロスペールまで行って、この白いアーモンド菓子を買ってきました。
ブールドネージュといいます。
当時、吉祥寺のNTTのお向かいに事務所と販売店を構えていた紅茶専門店リーフルさんで「ポルボロン」の名前で知ったお菓子です。
見た目はなんだかダンゴなんですが、ほろほろっと口の中で崩れる、アーモンド味の、クッキーと砂糖菓子の間みたいなお菓子。
あの当時は珍しかったのですが、もう今はお菓子屋さんだけでなく、大手のパン屋さんでも置いていますね…。
でもお菓子はお菓子なので、この時間にたくさん食べるのはちょっとまずい。もう若くないんだから…と、今晩はひとつっきり食べて、あとは明日。紅茶との相性は抜群です。
本日はリーフルさんの昔をしのんで、マーガレットホープのファーストフラッシュでいただきました。

たまに、厄落としのようにこういうライターもどきのことをやります。別にライターになりたいわけじゃないんですけどね。真似事、というか。
それではまた。



[PR]
by kou_ten_nen | 2017-06-12 23:15 | 外食えすけぇぷ

阿佐ヶ谷ぼんやり行

(10日AM、写真を挿入しました)

ぐずぐずしていたら身体が鈍る一方なので、今日は午後からちょっと阿佐ヶ谷まで足を伸ばしてきました。

ちょっと前まで阿佐ヶ谷っていうとあんまり遊ぶところなくて(と、私には見えたw)、古い商店街が方向性を何とか定めようといろいろ葛藤しているところだったなあ、という印象しかなかったんですが、今日見たところではカフェ女子レストラン女子必見の素敵なお店に変貌しつつあるようです。

東京でのカフェは十年以上、何かあったら探すような状態の私なのですが、記憶にうっすら残る20年前のカフェって、まだまだルノアールタイプの、紅茶というと「ミルクになさいますか、レモンになさいますか」でミルクっていうとコーヒーにつけるのを持ってきて、レモンっていうと輪切りのレモンを一切れ二切ればっかり並べてくるような、そういうノリでした。
いえ、勿論、そういうお店も今でも少しは残っているんでしょうが、当時は紅茶をポットで出してくるのはまあ、「紅茶専門店」と銘打っているところだけでしたし、ちょっと気の利いたお店だと悪名高いティーサーバで出してきたりと、今を思うと「いやあ、この国って豊かになったもんだなあ」と思うのです。
そして、少し寂しいことですが、カフェ流行りすぎかもしれない、とも。嬉しいことは嬉しいんですけれどもね。


今日は二軒のお店に伺いました。

「tentcafe(テントカフェ)」[杉並区阿佐ヶ谷南1-47-11 2F]

f0251624_0322685.jpg阿佐ヶ谷駅から南口のアーケードを少し歩き、左側の横道に少し目を向けたら、そこが入り口です。手作りのかわいい看板に惹かれてちょっと狭い階段を上ったら、有無を言わさずお店に到着。
絵本の中に入り込んだような、強烈な「私的空間」を感じます。そのせいか、一人で来るお客さんが多いのかもしれません(複数だと人を選ぶかなと思います)。これはいい意味でそうです。
騒然たるファミレスやチェーン展開するカフェも嫌いではないんですが、一人で何か考え事をしたいときや、親しい人への手紙を書きたいとき、そんなときはこういうお店の空気ってすごく貴重なんですね。
部屋中に置かれている小物の数々。流れる音楽(私のときは洋楽でした)。すごく広いお店ではないですが、全部で20脚くらいの席(荷物をお持ちの方向けに全席に荷物入れ完備でした)。
オーナーさんも、おかみさんも(若くてとっても美人さんです)、気さくで朗らかな方でした。


「CAFE 珈司(こおし)」[杉並区阿佐ヶ谷南1-35-18]

f0251624_0331382.jpg中杉通りをアーケードに沿って南下すると、最近オープンしたのか割と可愛いお店が並んでいたりもします。が、一軒だけ、やけに落ち着いた看板と店が見えてきます。
阿佐ヶ谷有数(多分有数)の老舗珈琲店だというのはダンディなオーナーさんからお話を伺って知りました。入ったときは常連さんが何名かいらして、見た感じでは少し落ち着いた年齢の方向けかな、とも思います。銀座でも時々見る、静かに美味しいコーヒーを味わうお店。ロイヤルコペンハーゲンの磁器に注がれてやってくるコーヒーの、なんと深みのある味わい。
店装と照明はやや暗めなので、作業にはあんまり向きません。上で私はいろいろと書きましたが、ここのお店の場合はいい意味で昔ながらのお店で、常連さんに愛される素敵な一軒だと思いました。


          ※※※

初めましての方は、このたびはご覧になってくださってありがとうございます。
また、そうでない方も、いつもありがとうございます。
ブログ村に登録しています。お気に召しましたら、是非アクセス&投票を。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

オリジナルバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-06-08 01:56 | 外食えすけぇぷ

ぼんやり紅茶

茶箱整理ってのを2ヶ月くらい前にやったんですけれども、あの後あんまり消費できてないんですよね。今慌ててミルクティーにして飲んでるのが、平成23年11月期限切れのカシュカシュでございます……w
3ポット分くらいで多分終わるんでこれはいいとしても、まだまだ、期限切れとか期限近いものがたくさんあって消費しきれません。

ああしかし、相変わらず元気のないことです。

雑誌Hanakoが毎年恒例の都内のカフェ特集をやっていたので購入しましたが、今年はだいぶ早いなあと思っています。いつもは夏ごろだったかな(あ、雑誌のデータベース化ですか? 流石に考えていないです^^;)。調べてみたら、4年前、3年前はお盆の頃の日付、去年と一昨年は7月の後半の日付で店頭に並ぶのはその大体3週間前だからどんどん早くなっているわけです。今年の雑誌日付は6月13日ですから。

最近の私は雑誌で店を見つけていく、というよりも、メニューの内容を見たり、デザインを楽しんだりしています。食べに行くのもいいんですけど、雑誌の通り3時間4時間も平気でいられそうなお店って、結局そんなにないですから(うちは大丈夫です、ってお店も、勿論あるとは思いますけど)どうしても気を使ってしまいます。

あとは、インターネットと同じで、「お一人様大歓迎」的なカフェってのが、実は雑誌に特集されるカフェには少なくなっているせいもありますね。行っても、時々ほかのお客さんから何か監視でもされているような気分になることもあります。注文したものと同じマイナーメニューを聞こえよがしに真似されたりとか、なんか怖い利用者もいるんだなーと(実際、とあるタイカフェでやられましたwあんた一人で来るなよみたいなお鼻ツンツンなお姉ちゃんたちで、あれは隣りで一人ご飯してて腹立ったなあ、ていうか、庶民飯を何勘違いしてやがるとw)。

まあ基本的にインドアな私ですが、カフェ巡りとかはお財布と相談しながら昔から続いている趣味なので、今後とも細々と続けていきたいですね。

あ、あと新カテゴリ追加しました。外食関係で、ということで「外食えすけぇぷ」です。
逃避したいですから、あんまりおうちごはんばっかりだと(^^;

f0251624_11541251.jpg



          ※※※

初めましての方は、このたびはご覧になってくださってありがとうございます。
また、そうでない方も、いつもありがとうございます。
ブログ村に登録しています。お気に召しましたら、是非アクセス&投票を。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

オリジナルバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-05-27 11:54 | 外食えすけぇぷ