好・典・然 ふっかもふ。

kou10nen.exblog.jp

ふっかもふな日常。

ブログトップ

<   2013年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

友達になりましょうよ、という話をしたら、
「じゃあ、ネットのおつきあいで」
っていうのは、どういう考えなんだろう。

しかもその人の、顔も知らない、プライバシーの何にも知らない、さらに友達という立場の人に関して
「あの人もあの人も紹介できます」
って態度でいるのは、どういう腹積もりなんだろう。

別にね、チャット友達とかだったらそれでもいいんだ。どうせネットだけの関係で終わるの分かってるから。
でもそうじゃないつもりで仲良くしようと努力しているのに、
「じゃあ、ネットで」
って方向でいくのは、何かヘンな話じゃないですか?

昔、そんな人がいたのを思い出した。その人はこんなにはっきりとは言わなかったけどね。
雨の日なので、昔のことを思い出してしまいます。
f0251624_2114234.jpg



          ※※※

初めましての方は、このたびはご覧になってくださってありがとうございます。
また、そうでない方も、いつもありがとうございます。
ブログ村に登録しています。お気に召しましたら、是非アクセス&投票を。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

オリジナルバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-05-30 21:15 | 日記、雑記
H24(2012).12.読了。

オースターの読みかけがまだ終わらないので、先にこちらを。
この小説は、読書好きを標榜している人が試される構造となっています。作者リョサはノーベル文学賞を近年受賞しましたが、ノーベル賞作家だから、というミーハー心で読むと、882円損をして終わります。
で、これは脅しでも何でもなかったりするんですよね。
私の所持している文庫がそれを物語っています。

上巻:2010.8.19 初刷 2011.5.16 第10刷
下巻:2010.8.19 初刷

2010年のノーベル文学賞は10月7日発表、リョサの名前は候補者に影も形もありませんでした。でも、この方の現代ラテン文学への功績って相当なもので、いつ受賞してもおかしくなかった立場だったんですね。文庫がバカ売れしたのは恐らくこの発表日以降で、でも下巻まで手を出せる人は少なかった、ということです。
なぜ読書好きでないと読めないのか、というとこの作品の構造の面倒くささにあります。いくつかの人物グループがそれぞれに、しかも時代も前後して殆ど野放図と言っていいほどに動き回ります。しかもその前後に注釈だとか導入だとか一切なし。誰が何をしたのか、を章ごとに把握していないと程なく本を投げる結果に終わります。
本作のあまりの難解さに、辛うじて読了できた私もネットで思わず書評を漁ってしまいまして、この『緑の家』という小説はどうやら、一章ごとに人物の行動をメモして纏めなければ全体像が把握できないのではないか、という結論に行き当たりました、つまり予備知識ナシで読み始めた人は最低でも2回この小説を読まなければならない、ということです。作品のために紙とペンをお隣に用意して。
ちなみに積読が山のようにある私は、まだその2回目には手をつけていません。

物語の空気の濃厚さは、さすが南米文学といったところでしょうか。古きよき20世紀半ばの砂漠と、密林。貧しい村の風景、密林の重苦しい暑さ、渦巻く陰謀と人々の欲望、そんなものを一つ一つ、無垢で残酷な視点で見出し、そこにどこかひどく悲しく愛を込める、そんな話です。
非常に深く物事を描いているのでどう見ても子供が読みおおせるものではないのですが、なぜか全体にはどこか知らない国の知らない童話のようなエッセンスもちりばめられています。
ラスト近辺で判明した恐るべき事実。最初に造られた緑の家がどうして焼けてしまったのか、その直接のきっかけとなる事件。事件というより、はっきり言えば犯罪なんですけれども。あそこまで自力でたどり着けた人だけが「うわあああ……」ってキモチになりますw 
ですからネタバレもネットで散々書かれていますが、あえて検索せずに自力で読みましょう。あれは多くの人物の一見無関係そうな会話や行動を何層にも重ねて理解しないと得られない感情です。


バルガス・リョサ 緑の家(上)岩波文庫
バルガス・リョサ 緑の家(下)岩波文庫


          ※※※

初めましての方は、このたびはご覧になってくださってありがとうございます。
また、そうでない方も、いつもありがとうございます。
ブログ村に登録しています。お気に召しましたら、是非アクセス&投票を。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

オリジナルバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-05-28 22:11 | 読書

ぼんやり紅茶

茶箱整理ってのを2ヶ月くらい前にやったんですけれども、あの後あんまり消費できてないんですよね。今慌ててミルクティーにして飲んでるのが、平成23年11月期限切れのカシュカシュでございます……w
3ポット分くらいで多分終わるんでこれはいいとしても、まだまだ、期限切れとか期限近いものがたくさんあって消費しきれません。

ああしかし、相変わらず元気のないことです。

雑誌Hanakoが毎年恒例の都内のカフェ特集をやっていたので購入しましたが、今年はだいぶ早いなあと思っています。いつもは夏ごろだったかな(あ、雑誌のデータベース化ですか? 流石に考えていないです^^;)。調べてみたら、4年前、3年前はお盆の頃の日付、去年と一昨年は7月の後半の日付で店頭に並ぶのはその大体3週間前だからどんどん早くなっているわけです。今年の雑誌日付は6月13日ですから。

最近の私は雑誌で店を見つけていく、というよりも、メニューの内容を見たり、デザインを楽しんだりしています。食べに行くのもいいんですけど、雑誌の通り3時間4時間も平気でいられそうなお店って、結局そんなにないですから(うちは大丈夫です、ってお店も、勿論あるとは思いますけど)どうしても気を使ってしまいます。

あとは、インターネットと同じで、「お一人様大歓迎」的なカフェってのが、実は雑誌に特集されるカフェには少なくなっているせいもありますね。行っても、時々ほかのお客さんから何か監視でもされているような気分になることもあります。注文したものと同じマイナーメニューを聞こえよがしに真似されたりとか、なんか怖い利用者もいるんだなーと(実際、とあるタイカフェでやられましたwあんた一人で来るなよみたいなお鼻ツンツンなお姉ちゃんたちで、あれは隣りで一人ご飯してて腹立ったなあ、ていうか、庶民飯を何勘違いしてやがるとw)。

まあ基本的にインドアな私ですが、カフェ巡りとかはお財布と相談しながら昔から続いている趣味なので、今後とも細々と続けていきたいですね。

あ、あと新カテゴリ追加しました。外食関係で、ということで「外食えすけぇぷ」です。
逃避したいですから、あんまりおうちごはんばっかりだと(^^;

f0251624_11541251.jpg



          ※※※

初めましての方は、このたびはご覧になってくださってありがとうございます。
また、そうでない方も、いつもありがとうございます。
ブログ村に登録しています。お気に召しましたら、是非アクセス&投票を。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

オリジナルバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-05-27 11:54 | 外食えすけぇぷ
書籍整理を始めてだいぶ経つのですが、いっこうにゴールが見えてきません。
当初は、「今ある本をいつ買ったか調べてみるお(^ω^)」程度だったんですけどもね……。
本当に調べたら泥沼に嵌まってしまって、とうに古本屋さんに流した本のタイトルを思い出してはあっちこっちのサイトで定価を調べまくる始末。そこにもうない本の存在を取りざたするなんて、死んだ子の年を数える行為と本当によく似ています。でもある程度はやっていないと、複数の本を一度に買っている日、今ある本の購入日を割り出すのが難しくなってきてしまうのもまた事実で。

で、手元に今ある資料は、平成16年後半以降の書籍全般の買い上げデータと(年月が古いものの書籍名や内訳は当然空欄が結構あります)‐①、そのあたり以降に買った書籍の書名や定価(税抜金額)のデータ‐②、そしてこれらから苦労して導きだした現在データベース化途中の、平成19年以降の雑誌を除く全書籍類の購入日と購入金額の内訳データ‐③です。

データベース化の終了で、当初の書籍整理目標は達成となるわけなんですけれども。
問題は①と②の資料を見ていて、もういっそのこと今の自分が管理している書籍類全部データ化してしまおうか、と思ってしまうんですよね(^^;
流石に、購入日は分からないものが多いですから、その折にその項目は外します。図書館みたいな感じで全部管理したいな、と。
それから当然ですが、そろそろ古本に流すものも荷造りをしなければなりません。これが一体どうなるかはまた、別問題なんですけれども。

ただそれを完成するためには、ダンボールを開封しなければならない、というのがあります。
開かずのダンボールってのは、実は引越し後に二つ三つあります。主に、取り出して本棚やカラーボックスに並べるまでもない、という手合いの、古い本です。
これをどうするかなあ、っての。
昔に買った月刊の商業文芸書も結構残っていますしね(本当にあっという間に古くなるので、読まずに積んであったりします)。

そしてさらに、もはや傷んで限界のきているカラーボックスの買い替え。最後はこれをやらないといけません。カラーボックスでなく、きちんとした幅と高さのある本棚を買う必要もあるかなあとも思うんですが、これは部屋のスペースと相談です。

ここまで片付いて、ようやく次のCD整理に手が伸びるのです、実は……。


          ※※※

初めましての方は、このたびはご覧になってくださってありがとうございます。
また、そうでない方も、いつもありがとうございます。
ブログ村に登録しています。お気に召しましたら、是非アクセス&投票を。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

オリジナルバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-05-24 23:57 | おうち書類のおかたづけ

家計簿リセット

家計簿のリセットをどう行うかは、この何年間か懸案でした。

以前も説明した通り、私の家計簿ってのはちと不完全で、週間で動かしているお金と計算上の収入や残の額に乖離があるんですよね。支出金額だけは正確でも、どうやってこれをリアルに近づけるかをずっと考えていました。

家計簿ってのは家賃・水道光熱費のような固定(あるいは小変動、あるいは予告)支出と変動するその他生活費との項目が本来分かれています。
しかも、お給料日(入金日)ってのは月の真ん中とか半端な日、固定支出の各清算日も月初から月末まで分かれます。
ですから、つまるところ「その月の予算が月初にも拘わらずまったく立てられない」って状況に繋がってくるわけです。

で、私は現在無収入状態なのでこの時期にやろうと思いまして、まずは固定項目の請求日がいつになるか、を調べました。
月初にどこそこが請求額を連絡してきて、月半ばには別のどこそこが連絡、家賃とか生命保険とかもこの日、ってのを予め把握しておいて、家計簿の週の生活支出項目の最下部の空欄の行を仮行として書き入れるわけです。そうすると、固定支出と変動支出のお金の動きが一目で分かります。
で、これはあくまでも仮行なので、月末の締めのときにはその行のみ除いて変動支出の表を埋めます
(集計ページの隣りには、きちんと固定支出用の表が存在します)。
まあ、使い勝手が悪ければ戻しますが、多分これで行くことになるでしょう。


          ※※※

初めましての方は、このたびはご覧になってくださってありがとうございます。
また、そうでない方も、いつもありがとうございます。
ブログ村に登録しています。お気に召しましたら、是非アクセス&投票を。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

オリジナルバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-05-24 23:29 | おうち銀行

あっさりママカースト考

子供がいないということは「ママ」カーストへの接触は基本的に全面回避可能ですので、四十路になっても殆どその実態を知らないで済んでいたんですけれども。

NAVERまとめのこの記事なんて読んでいると、深刻さ以前に「なぜそんな空間が存在するのか」と疑問に思えてしまいます。ああ、あれだ、たまにアニメや特撮戦隊モノなどで戦闘シーンになると現れる異空間、あれですよ。
カーストというのは極端な秩序です。
私は昨日もここに書いた通り、お子様時代はごくちっぽけでしたがいっぱしのレゴブロッカーだったので、構築と秩序と崩壊と混沌ってのは繋がっているのは子供心によく知っていたのですが、行き過ぎの平等主義と競争主義が行き着くものが秩序の再構築とその絶対化、ってのはNAVERのこの記事を読んでいても「ああ……」と思わざるを得ませんたとえ情報源がいくらネタ臭くても
平等主義でありながら保守主義におもねている葛藤や矛盾ってのを私はどうしてもこういう方々に見てしまうんです。これってものすごく苦しくて辛いことなんじゃないかと。

だってさ「純正セレブ」に合わせるために、こんな準備をするんですよ。

・人気パティシエのお菓子を用意する。
・2歳の息子をせかして有名ブランド服に着替えさせる。
・キャラクター人形を隠し、お蔵入りになっていた知育玩具を引っ張り出す。
・「友達・買い物・夫」はNGだから、「お友達・お買い物・主人」と頭の中で「復習」する。

有名店のお菓子とブランド服は、セレブマダムと会話の共通項が欲しいから、当然考え付くでしょうね。
ただ、知育玩具がどうしてお蔵入りになっているのかが、よくわかんないです。お子さんに合わない玩具だったんでしょうかね。子供って自分の趣味嗜好に恐ろしく忠実だから、その知能の高低に拘わらず、つまんないと思うがいなやうっちゃるもんですし(^^;

また、キャラクター人形って、別にあるならあってもいいと思うんですよ。計算しないとどうしてもコレクター風味になって部屋が微妙な感じになりがちですけれども。
参考としては歯医者さんの窓際かなあ。歯医者さんは小さな子供にとっては恐怖の館ですから、緊張を和らげるためにオモチャやぬいぐるみ、或いは花をよく置いています。
ぬいぐるみはディ○ニーだったり、サ○リオだったり、いろいろですが、そんなに下品じゃないですよね。だからあれは飾り方にコツがあるんです。
でも、家がキャラクター人形で溢れてます、みたいな人はゲーセンに行くのを控えるしかないです。残念ながらおもちゃ屋さんで定価販売しているぬいぐるみとゲーセンのUFOキャッチャーのぬいぐるみはどうしても仕立てに差があります。しかも、標準程度の売れからメガヒットを飛ばすようなキャラクターになると、もうどうしようもない縫製で、キャラクターがかわいそうになるくらいです。

「友達、買い物、夫」がどうしてNGなのか、というか最近主婦話で出てくる「うちの旦那さんが~」ってののほうが私は危険だと思いますけれどもね。恐らく変なのから絡まれないためにわざわざ敬語もあやふやなアタマヨワイコを演出して避けてるんでしょうが、むしろそういう「変なの」が絡んでくる環境から逃げ出せよとちょっと思っちゃったり……まあ多分、様々な事情があって難しいのでしょうけれども。

でも社会人ってのはたとえ主婦であっても、比較的庶民的な場所やカジュアルな場所と、ごく上品で知的な空気が要求されるところとではやはり着ぐるみをいちいち変えねばならないのが、面倒なところですよね。
私はこのブログのカテゴリに「おうち」だとか「おかたづけ」だとか平気でつけていますが、これはともすれば自分が一人で面倒な思考に陥ってしまいがちなのをセーブするためのものであって、セレブを意識したことなんか一度もないですけどね。
それは近々また書くであろうオースターのへっぽこ書評で少し触れることになると思います。主婦カースト云々より創作する人、という観点で。

では今朝はこのへんで。


          ※※※

初めましての方は、このたびはご覧になってくださってありがとうございます。
また、そうでない方も、いつもありがとうございます。
ブログ村に登録しています。お気に召しましたら、是非アクセス&投票を。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

オリジナルバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-05-22 03:56 | 日記、雑記

経過報告

経過報告といっても、ほぼ底が見えてきている状態なのですが。

ここ何日か、まじで読書も小説も食事もうっちゃって熱中していた本棚の整理。
自分でもどうしてこんなに熱中できたのか分かりませんが、流石にこれ以上は時間を潰せないということと、どれだけ考えてもきっちり本の購入時期が判別できるのには限りがあったりするので、ちょっと引いてみることにしました。

改めまして作業内容。
1.金額リスト作成。家計簿・小遣い帳を資料に、適当なノートに「年月日」「金額」「書名・金額内訳」の欄を作ります。年月日と金額は資料を基に埋めていきます。
2.書籍リスト作成。同じノートの別頁に「書名・作者」「購入書店(特徴)」「税抜金額・当版の年月日・他」の欄を作ります。購入書店はカバーで判別します(が、確か一部にあり合わせのカバーを使ってたものがあったような……?w まあそれは私の性格上ごく少数ということにします)。
3.補助表として西暦と和暦の対照表を作っておきます。奥付って発行出版社によってまちまちですので。何百回も見たのでミレニアム2000年=平成12年は、流石に覚えました(^^;

1.については、金額リストが遡れるのは2000年代の半ばまでなので、それ以降におよその目標を定めることにしました。
文庫本でプラトンの『国家』 (上巻がH18.6.下巻が同年18.2.の版)あたりが良いかと思ったんですよね。これを購入したのは平成19年の2月ってのは計算で割り出しましたが、実はこの割り出しはとても条件がよかったことが後で判明しました。
6年半分の購入データなんですが、平成19年、20年当たりまで来ると流石に穴が多いです。膨大な時間をかけて割り出しを行ったんですが、既に古本流ししている上に記憶に残ってない本もあるのか、どうしても覚えのない、あるいは存在しているはずのない金額ばかりポンポン出てきて、うまく纏まらないんですよね。本もダブついているし、資料自体でつけ忘れってのはありえますが。
2.は購入書店そのものが「どこだっけ?」ってのが結構ありました。カバーも書店名を書いてないのがあったりして往生しました。
当版の年月日、ってのは結構重要です。版をチェックする作業、ああ高校時代にマンガの初版に煩くてよかったと本当に思いました。今回の整理作業には当然マンガも絡んできていて、近年27巻で完結した例の人気単行本の購入の流れが一目で分かりましたから。
また、これはマンガ以外の書籍でも当然有効な判断材料になります。例えば平成20年○版と記入された本は平成18年には絶対に購入できないので。

で、最終的には本棚のもカラーボックスのも台所のレシピ本スペースのもこれから古本流しする予定の本まで、ほぼ全部リストアップする羽目になりましたw
ダンボールに少し入っているであろう分と、明らかに記録がある時期には買ってない古い書籍は除きましたが、多分大差ないです、結局そこまでしても拾えたのは僅かだったので。

あー、このノリ何かに似てるなあと思ったら、子供の頃恐ろしく嵌まったレゴブロックとパズルのノリなんですよね。この手合いのオモチャがあったら、もー私すごい手がかからない子だったらしいwお歌もお絵かきもおままごとも絵本も大好きだったけど、この二つはずーっとやってた。ずーっと。どうかすると一日。うーん、女の子らしくない……w
ああ思い出した、大きなぬいぐるみはうちにもあったんですが、あんまり甘えた記憶がないのはなぜだろう。ふっかもふはお布団限定ってことだろうか。
三つ子の魂はやっぱり百までらしいですね。とは言え、レゴとパズルの志向が四十路に入って今更何に繋がるかはトンと分からないんですけども。
まあ小説執筆作業も執筆というよりは製作(制作ですらない)、一人工事現場みたいなところがあるんで、私が選ぶ理由にはなるんですけど。男の子に生まれてたら、まま、大工さんとか設計士目指したかもなあ。

で、この手元に残ったノートのリスト、どうしよう。
平成21年の3月以降はほぼ完成しているんですが、データベース化しておかないと管理しきれないだろうし。でもエクセルの練習にしかならない気もします。
またこれはおいおい、ってことでしょうかね。ともかく見たらまた長時間無駄な思考に遊ぶことになるので、割り出し作業は一旦これでやめておきます。


本当に、ブログのログインすらうっちゃってたのですっかり忘れ去られた存在ですが、よかったらまたお読みいただければ。

          ※※※

初めましての方は、このたびはご覧になってくださってありがとうございます。
また、そうでない方も、いつもありがとうございます。
ブログ村に登録しています。お気に召しましたら、是非アクセス&投票を。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

オリジナルバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-05-21 00:20 | おうち書類のおかたづけ
なんだか腰まで痛い相変わらず不調な私なのです。

体質なのか、子供の頃から腰は滅多に痛まないのですが、ここ数日なんか重いものを持ったかなんかしたかなあと思っていたら、そういえば布団で読書の習慣をつけてしまったから、腹ばい読みがまずかったのかも。
子供のころはそんなの全然平気でしたけど、考えてみたら若いときから考えたら体も硬くなってるし体重も●●キロも増えているし、何でも子供と同じってわけにはいきませんよね(^^;

気を取り直して、今日は昨日に引き続いて本棚の整理です。
ノート整理は一昨年の12月までは終わっていて、うち購入書籍名の記録が残っていないのが7冊。
その近辺に購入したであろう、しかし日付はもう少し遡らないと判明しないのが13冊(まったくの途中なので多分まだ増えます)。

購入金額データが残っているのは遡っても7年か8年前くらいなので、いっそのことそこまで頑張ってみちゃうか、それとも適当に切り上げるか悩んでいます。と、いうのも、今のところ本棚の本は以下に分類できるからです。

1.既読、ノート整理完了、書評予定作品は書評終了。
2.既読、ノート整理完了、書評予定作品で書評が終わっていない。
3.既読、ノート整理未完了。
4.未読、ノート整理完了。
5.未読、ノート整理未完了。

1.は、規定の場所(わが家は居間の本棚と別室のカラーボックスが本の居場所です)にもう収納できます。その収納分類表も本日は軽く作成してみました。
2.は、今パソコンの脇に置いてあります。
問題は3.~5.で、これが本棚の中にまともに収納できず、溢れている状態なのですw
もともとが「居間に置いてある本は未読、別室に置くのは既読」と漠然とした自分ルールを作っていたので、現在居間のこの本棚に突っ込んである未読本が整理できるくらいの遡りは必要ですが、果たして家計簿のデータが足りるのか。それに最終的には自分の記憶が頼りですし、非常にまずいことにこの期間はそれ以前と比べて記憶力が笑えないほど低下しています。
書店でのサービスカバーはなるべくかけてもらうようにしているので、「これとこれとこれは同じ日に買ってるかもしれない」みたいな憶測は立てられますし、本の初版発行日からそれ以前の購入はありえないだろう、みたいな推察もできるのですが、万全じゃないです。しかも知らない間に古本屋さんに購入本を流している可能性もあります。何冊かは残念ながら本を流せないほど傷めてしまい処分してしまったりもしましたし。
後は数は少ないでしょうが、家計簿そのものの転記漏れってのもあるでしょうね。実際、昨日今日の調査でどうもレシートが存在しなかったらしい本が既に出てきています。

まあ……、時間も結構かかりますので(読書や資料の読み込みや、掃除の時間まで食いつぶしてたりします)、いずれ諦めの線をどこかに引かなくてはならないんですけれどもね。


          ※※※

初めましての方は、このたびはご覧になってくださってありがとうございます。
また、そうでない方も、いつもありがとうございます。
ブログ村に登録しています。お気に召しましたら、是非アクセス&投票を。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

オリジナルバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-05-16 23:42 | おうち書類のおかたづけ
いやー。
なんだか蒸しますね。
今の我が家の気温は25度前後なんですが、少し前まで湿度50%以下だったのがもう60%を超えています。プーさんのウチワが手放せない季節になりました。

4月の頭にどうしようもない腹痛に悩まされていたんですが、ここ数日また同じような症状で参っています。
こういうのは一過性だから仕方がない、とは言っても、やはり痛いものは痛いのです。

さて、本の整理を昨日から始めたんですが、……実はこれが面白くてたまらない。
既に整理が終わっている過去2年分の家計簿から、「書籍」の項目を抜書します。
そしてそこに書かれている「文庫」だとか金額分けとかをたよりに、ノートを作ります。
いつ、作者が誰で、何という本を、いくらのお金で買ったのか。ハードカバーか、ソフトカバーか。
この中には雑誌の類は含めていません。昔本屋さんでバイトしていたときに、一口に本と言っても、雑誌と一般書籍とはコードが分かれるんだよ、と教えてもらってから、実は特に最近では家計簿でも項目を分けています。雑誌は趣味娯楽、一般書籍は教養の項目です。
本を裏返してみてください。ISBNコードと言ってバーコードのあたりにISBN●●●‐●●‐●●●●●●‐●‐●●●●● ¥■■■■E なんて入っているのは一般書籍、雑誌 ●●●●●‐●● なんて書いてあるのは、その通り雑誌扱いです。

さて、このノートを時間の新しい順に項目を並べていくと、やっぱり「この日に買ったこの値段の本って、……なんだっけ?」ってのが出てきます。
懸命に思い出そうとするのですが、家計簿では分からないこともあります。そこで私はこの家計簿の主要資料である小遣い帳まで遡ることになります。
で、結果としてこういうことに気付きます。
・本の値段は、実物がないとはっきりしない。ネットで検索したら定価を明記していないリストが来るものと思ったほうがいい。
・作家にとっては文庫本だけの収益って大売れしない限り、実は全然美味しくない。ハードカバーなら10%の著作権料なのに。
・作品にもよるけれども、出版社のサイトまで行けば定価が分かるっていうのは実は当てにならないかも。某作品で謎の1.5%増しの定価(ちなみに税抜き金額)を発見した自分は引き続き調査中。
出版社からの正規ルートで通販を考えているからその数値になるのか?

もっとも、最初に小遣い帳に転記したときに、間違って書いてしまったこともあるかもしれませんし、実際どうやら税込金額と思って平然と転記した本の値段が税抜きだったりして。
お店の人もバーコードを使わず手打ちでレジを通すと、税別金額と税込み金額を間違えることだってあるでしょう。

ちなみに、今は書籍って断り書きがない限り、バーコードの近くに「定価(■■■■円+税)」と書かれます。

でも探せばさがすほどノートは埋まりますが、時間もかなりかかります。
行方不明な近年購入本も20冊ほどあって、もう少し過去を遡るべきか、ここで止めておくか只今考え中です。


          ※※※

初めましての方は、このたびはご覧になってくださってありがとうございます。
また、そうでない方も、いつもありがとうございます。
ブログ村に登録しています。お気に召しましたら、是非アクセス&投票を。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

オリジナルバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-05-15 19:56 | おうち書類のおかたづけ
細部の整理はまだなんですが、先日から懸案だった旅行と料理と美術館関係の書類(チケットの半切れであるとか、パンフレットであるとか)を今日整理しました。
連休を挟んだせいもあって、行動が鈍りがち。
ただ、今日だいぶ引っ掻き回したせいもあって全部終わったのはよかったです。
旅行と美術館関係ではA5くらいの中綴じタイプの小型ファイルでも買おうかな。チケット半切れじゃ意味分からないし。

次からは懸案だった書籍類の分類だー。
まずは2年分くらいの購入書籍の洗い出しかなー。腕が鳴るわ。


          ※※※

初めましての方は、このたびはご覧になってくださってありがとうございます。
また、そうでない方も、いつもありがとうございます。
ブログ村に登録しています。お気に召しましたら、是非アクセス&投票を。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

オリジナルバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-05-13 22:49 | おうち書類のおかたづけ