好・典・然 ふっかもふ。

kou10nen.exblog.jp

ふっかもふな日常。

ブログトップ

<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

焼きドーナツとクッキー

f0251624_1737337.jpg

実は、またしてもここ2週間ほど体調が悪いです。腹痛がだいぶ続いたので胃腸が弱ってるんだろうな、と思ったら、案の定お医者さんから「お腹全然動いてないですね^^」とにこやかな診察結果。
今多いんだそうです、皆様も気をつけてください。

さて、いただいたお薬を数日間飲んだせいでだいぶ調子はよくなったんですが、今度は女性の腹痛でまた一日半動けず。時々、重いんですよね、いつもは薬を飲んで半日間で治まるし、薬を飲んでさえ居ればすぐにシャンシャン動けるんですが。
今はお仕事がないのをいいことに、のんびりしてしまったと言えばそれまでですが、それでも「ずっと寝ている」という時間が長くなるのはやはり苦痛です。
で、昼食抜きで布団で呻っていたせいもあって、遅いご飯代わりに焼きドーナツとクッキーを作ってみました。

f0251624_17374366.jpgこれは焼きドーナツですが、ただドーナツ記事を油で揚げずに、ホットケーキのように焼いただけです。揚げ物は大量の使用済み油が出てしまうし、製菓に使った油の残りは捨てるしかないので、焼きというスタイルが流行したときは嬉しかったなあ。

で、クッキーのほうなんですが(白っぽくひび割れているのはコリアンダーで香り付けをしてあります)、これはドーナツの副産物です。ドーナツ型ってのは昔から売っていますが、なくてもドーナツの型は抜けますw 今回は冒頭の写真で牛乳が入っているチキンラーメンマグの口(8cmくらいです)で外側の型を抜き、内側は安価なクッキー型で抜きました。だからドーナツ穴とクッキーの形は基本的に一致します。膨張剤を使っているので焼いちゃったあとは嵌まりませんが。f0251624_17393478.jpg

ちなみに写真のこれらは今回、今頑張ってお仕事している主人に帰宅後食べさせます。焼きドーナツは作ったのは初めてだったせいもあって形が歪だったりしたのを自分の食事にしたのですが、最初は本当にホットケーキになっちゃうかと焦りました(^^;生地も最初の頃はおちつかなくて、冷蔵庫で休ませたにもかかわらずベタベタしてましたし。


          ※※※

初めましての方は、このたびはご覧になってくださってありがとうございます。
また、そうでない方も、いつもありがとうございます。
ブログ村に登録しています。お気に召しましたら、是非アクセス&投票を。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

オリジナルバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-07-30 17:51 | お料理行進曲

桃の季節ですね

プロフのほうではぴこさんがステキなスイーツを紹介していらしたので。

桃繋がりで、ちょっと自分の家のこと。

先日中元で桃を実家に送ったら、喜ばれました。普段、桃はあまり食さない家庭なので、父が大変気に入ったようです。もう子供も全員外に出てしまっているし、田舎の老夫婦なので、果物は結構王道でよかったみたいですね。

桃のスイーツというと、生食も美味しいし、ソルベも好きなんですけども、加熱してお菓子に使うのもいいですね。いかんせん水分が多いので計算して作らないといけないんですけれども、先日作ったフランス菓子が(カロリーも結構すぎて、一度にはとても食べられるものではなかったんですが;;)小分けしてちびちび食べるのには絶好でした。メロンパンの桃バージョンみたいなもので、でも食感はシフォンケーキに似た、クラフティというお菓子です。…と思ったら、ネットで検索したら食感はプリンのほうに似てるのねw 私冷凍したりしてましたが(笑)味は落ちませんでしたが、もしかして何か違うもの作っちゃったのかしら(笑)(笑)(笑)(笑)
写真探したんですけど、なくしちゃったみたいです。

あー、でも門前仲町のスイーツかあ…。
門仲はもうだいぶだいぶご無沙汰しています。友人宅がそこにあって、遊びの帰りにすごく美味しいフルーツ屋さんで南洋デザート食べたことあったな。基本的にフルーツ屋さんというのは何か問題がない限りは息の長いご商売なので、まだやってるといいんですが。
そのうち脚を伸ばしてみようかな☆
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-07-29 22:52 | 日記、雑記

ひざっ小僧の穴

確かに主人から言われてたんです。
「お前はどーもジャージのひざに穴が開くな」って。

お世辞にもスマートな身体ではない私なので、服が傷むことはそんなに少なくないです。
昔はロングスカートが好きで、でも大抵、動きにくかったせいか裾をよく落としていました。ウエストまわりのあしらいやボタン付けの強化なんて日常茶飯事。ジーンズも通称デブ穴のご常連だし、ああ、惨め。
…ただ、ジャージのひざ穴ってのは(言い訳かもしれませんが、;;)あんまり体格が原因じゃないです。これ、膝を立てて畳を移動する癖があると出来やすいみたいなんですね。よく擦れるみたいです。

で、こういう商品を手に入れてみました。
アイロン付けしてみました。


…もっと早くからやっておけばよかったと思いました。

見た目はショージキ貧乏臭いです。つぎ当てなんですからそれは仕方ないです。でも別に外出着でもないですし、ほかに用意するのはアイロンと適当な当て布だけで充分接着できますから手軽で便利です。
既に大きな穴が開いてしまっている私のジャージの場合、そのまま履くのは糊が怖いので一旦洗濯に回しましたけど、これでもまだ破れてくるようなら、布を大規模に縫い取りする必要があるかなあとも思ってます。まあ、今はお仕事に就いていないので、室内着と言えど、大事に着ないと。
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-07-28 17:02 | 日記、雑記

ただいま。

ふらりと思い立って、日常から離れてみたくなって。

一人で旅をしてきました。

写真はいちまいも撮ってきていません、本当に自分にとって大事な旅というのに、写真撮影って行為は邪魔に思えるからです。
また、どこに行ってきたか、というのも書かないことにします。


旅行の感想は、行ってきてよかった、と、まずはそれだけです。

抽象的な言い方になってしまいます、ごめんなさい。
私は自分を取り巻くいろんな物事を「嘘だ」「偽りだ」とだいぶ前から感じていて、でも、会社と家、あるいはご近所と家を往復するだけの生活、ないし、インターネット社会で当たり前のように扱われている常識っていうのは、嘘だと思っている自分のほうが可笑しい、みたいな感じで扱われることが多くて、すっかり自分に自信をなくしていたのです。
いえ、自信のある自分を認めてくれる人なんかゼロなんだろうな、と思っていました。だから、自信のない演技を日常からわざわざしなくてはならなくて、それがとても負担でした。

子供の頃から見続けてきた、或いは信じていたこと、そういうことは、確かに一部は子供特有の勘違いであったり、大人の押し付けた理想でしかなかったりします。
でも、今自分が強制的に見せられている世の中の色味であったり、空気のノリであったりは、全部が全部本当の本当と言うわけでもなく、半分か三分の一くらいは、実は巧妙にごまかされた、やはり「本当に嘘」であったりするのです。
そして、その「本当に嘘」ルールに従って、かなり多くの人が踊ったり歌ったりしているのです。

そう思ったら、自信のない演技をいつまでも続けなければならないと考える自分が酷く滑稽に思えてきました。別に自信過剰の勘違いちゃんになればいいというのはなく、本来自分があるべき感覚に戻っても、何も悪くないんじゃないの、誰も非難なんかしないんじゃないの、と思うようになったってことです。

でもだからと言って、何か特別なことを始めるってことはないです。
形にするものじゃないんでしょうね、こういうことは。


旅行の帰り、道を候補者の名前も党派もよく分からない選挙カーといくつかすれ違いました。
彼らは暑い中に一生懸命、自分のやりたい政策だとか、何かの批判だとかを演説していました。
私はそれを、遠くから耳に入れ、そして、次の瞬間、彼らの様々な理想であるとか、国政に対する熱い思いであるとかをさらさらと流してしまいました。
旅行者にとって、その地元の選挙候補者など関係のない存在です。
自分の目の前にあるのは陽炎の立つ道と、その先の目的地と、ただそれだけなんですから。

f0251624_1185715.jpg



          ※※※

初めましての方は、このたびはご覧になってくださってありがとうございます。
また、そうでない方も、いつもありがとうございます。
ブログ村に登録しています。お気に召しましたら、是非アクセス&投票を。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

オリジナルバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-07-17 11:11 | 日記、雑記

ブログニュース考

私がしょっちゅう遊びに行くライブドアさんのブログニュースなんですが、ここは仕様上新しいまとめブログがどんどん流れてくるので、気をつけないと貴重な時間をすごく費やしてしまったりします。
ネットゲームや2ちゃんねる、各種SNSも、ユーザーって似たような中毒に陥ってしまうものなのですが、ただそれらと比べるとまとめエントリというのは比較的正気に戻りやすい傾向もあり、だからこそ余計に嵌まりこんでいる自覚が薄くなる、困った状況にも陥っているようです(苦笑)。

まとめのエントリには私の場合、三つの「好み」があります。
1.視覚的、或いは文化的に興味深いもの(綺麗またはかわいい画像のまとめ、海外討論情報、メインまたはポップカルチャーの新着情報)
2.1.の内容などについての討論、議論形式のもの
3.悩み相談でなにがしかの強い悪意を感じるもの

1.2.まではまあしごく健全なほうではないかと思うのですよね。これを求めてまとめを見る人もそんなに少なくはないと思うのです。
問題は3.ですか。下種な感情だけとは限らないんですが、見なくてもいいまとめかな、とは思います。
悪意にもいろんな種類があります。よくあるママ友トラブルを例に取ると、こんな感じ。
a.1が問題あるママ友に勝ったスレを管理人がそのまままとめた(武勇伝まとめ)
b.1が問題あるママ友に負けたスレを管理人がそのまままとめた(愚痴まとめ)
c.1が問題あるママ友の相談をしたらほかの人から叩かれたスレを管理人がそのまままとめた(叩かれまとめ)
d.1が問題あるママ友の相談をしたら本人かその直接のシンパが釣れたスレを管理人がそのまままとめた(釣りまとめ)
e.ライバルブロガーや気に入らないユーザーへの攻撃材料となるスレを管理人の都合のいい編集でまとめた(攻撃まとめ)
f.ライバルブロガーや気に入らないユーザーから我が身を防御するためのスレを管理人の都合のいい編集でまとめた(防御まとめ)

このa.~f.は、単体の意図で纏めることは老獪老練な大手ブロガーはあまりしないみたいです。若いブロガーの場合はいわゆる「自分への批判意見は全部駄目」みたいな傾向が強いんですが、少し落ち着いた年齢になると様々な視点が理解できるため、複数の意図を込めたまとめを行う傾向が強くなってきます。
ちなみに、多くのまとめブログのネタ元となっている2ちゃんねるの特にvip系の板のスレですが、板の状態が良くないときなどはあんまりブログ管理人も気分が良くないのか、過去の、それも何年も前のスレを探してきては新規にまとめることもあるようで(ただし多用すると読者がしらけて離れるのは分かっているようで、あまり連発することはないみたいです)、スレを立てる1とまとめブロガーとの間の息詰まる駆け引きが、今日のネットウォッチャーの下種な濃い楽しみ方のひとつになっているような気もします。

えーと、私ですか。
そもそもなんでこの記事を書いたかというと、4月頭に比べて少しまとめブログ見すぎだなと最近思ったので、3.を敢えて見るのやめよう、と思うんですよね。実はa.ばっかり期待して開いたら、全然別の世界が広がって心が暗くなったってことが結構あるので。でもそういうまとめの需要だってあるので、あくまでも個人的決意かな。
f0251624_231337.jpg

[PR]
by kou_ten_nen | 2013-07-06 02:03 | 日記、雑記
今日は朝から少し肌寒くて、身体が重くて布団から起きられませんでした。
駄目だなあ、と思いながら、夜になって野菜スープを作って飲んだり。

好きな音楽を聴いたりするのは大事なことなので、最近はよく聴いています。
昔の友人から借りたCDをコピーして聴いていたり。趣味のいい方だったので、今はどうしてるのかなーとか、懐かしく思ったり。

あくまでも「女性ウケする」趣味の一覧表というのが出回っていたのでDRしてみました。
独身の男性諸氏はこんなものを見て必死なんだなあと思うんですが、既婚者の目から見ると、これって微妙にずれていたりもするんですよね。

f0251624_115495.jpgそろそもが、私が好む趣味が何も入っていない。こういうのって、どう見るべきなのかな。表の四つに区分けされたもの全部一個ずつ好きなら、バランスが取れていてリア充ッポイってことでしょうか。それとも、高尚でウケのいい右上のものだけ好きになってなさいよ、ってことなのでしょうか。
ちょっとよく分かりませんが、アンチモテな人々が作成した表かもしれない、とこういうの、なんとなく思うのです。

クラシック鑑賞は盛り場で演奏されてきたようなものを集めた俗っぽい選曲もあれば王侯貴族の前だけで演奏された確かに高尚な選曲もあります。ジャズやロックだって、選曲によっては好ましいものもマニアックなものもあるでしょう。
私たちの世代で楽器をこなす人というのは、それをなりたい職業のために勉強してきた人のほかは、ちょっとお金持ちの家の子の、親から無理矢理与えられた趣味って側面が強くて、できる人はすごいなあとは思うんですがそんなに素敵な印象はなかったですね。高校くらいにバンドを始めてエレキギターとかやっちゃう子は、どうも軽薄なイメージがつきましたし。だから私たちの世代の男性はバンドを始めた理由を臆面もなく「女の子にモテたかったから」と言います。

小説はどうでしょうね。
さきの男性の理屈でいうと、これも「女の子にモテたかったから」ってのにつきると思うんですよ。
なんか、嘘みたいな話ですが、文学部あたりに行った男性は小説書いてるとかいうと女の子にモテるらしい。もちろん、ラノベとかではなく、純文学限定なのでしょうが。
それでも、私は意味がわかんないです。
青年の葛藤を青年が書くのは、日記と一緒です。だってそれが日常なんだから。
私が二十歳の大学生の男の子で、こうしてブログを書いてたら私はモテるんだろうか。ねえ?

今一番モテるオトコノコの趣味ってのはボカロPらしいです。ニコニコ動画に初音ミクのオリジナル曲を上げて、どうかするとアニメまで作っちゃうと、デキさえよければファンの子に取り巻かれて教祖様みたいな扱いを受けるそうですね。
もちろん、オフ会なんかを開催すると女の子からリアルにモテモテなわけで。

ボカロの台頭する前でしたが、昔、コンピューター音楽をやっている知人がちらちらと音楽関係者の派手な実生活を教えてくれて、私は「ああ、この業界の人たちってやっぱりお金持ちなんだなあ」と妙にしゅんとしたわけです。

多分、上の表に私が違和感を持つのは、この表をあれこれ取りざたしている人たちが、口で言うほど貧乏には育っていないというか、その通りゆとりのある生活の中で育っているからなんだろうな、って私は思います。

うん、この表を見てから私は、ネットで勧められる「趣味」の話題には乗るまいと決意したのでした。
[PR]
by kou_ten_nen | 2013-07-03 01:21 | 日記、雑記